カンジダはうつるもの?

本気で治したい人の膣カンジタ対策サプリ売上ランキング

多くの女性を悩ませて、不快な思いや辛い思いをさせてる疾患の1つにカンジダがありますね。

生涯に1度は経験する女性は全体の75%とまで言われるほど、女性にとってはポピュラーな疾患でもあります。だからといって女性特有の疾患という訳ではありませんので、男性であっても油断は禁物ですよ。

女性にこれだけ多いのは、カンジダの原因であるカンジダ菌が膣内に常在しているからなんですが、ただいるだけでは感染はしませんし、健康な状態であれば何も心配することはありません。

カンジダ菌に感染しやすくなるのは、直接的な原因であれば膣内に傷が出来てしまった場合です。それ以外だと、体調不良やストレスなどにより体力や免疫力などが落ちることで感染しやすくなります。

膣内に常在しているのなら、カンジダは性交渉でうつるもの?と不安に思われている人が多いようですが、カンジダが性交渉でうつる可能性は低いと言われてます。可能性は低いものではありますが、ゼロという訳ではありませんので、コンドームを使うことで可能性をゼロにすることは可能です。

ただし、カンジダ症を発症してしまっている場合は、なるべく性交渉は控える方が良いかと思われます。発症している女性本人にとっては、相手にうつるかも?という不安を抱えてでは楽しめませんし、性交渉で擦れることで痒みが酷くなったり腫れが酷くなったりする場合もありますので、完治するまではちょっと我慢した方が良さそうです。

そして、カンジダ症を発症している上での性交渉は、相手の方に最初に伝えておくのがマナーと言えそうです。黙っていて後から何か言われてモメごとになるのも避けたいところですし、相手に不必要な不安やストレスを与えないという意味においても、きちんと伝えた上でどうするかを決めるのが良いと思います。